洗い流さないトリートメントでニオイから守る効果のあるもの

洗い流さないトリートメントの中にはニオイから髪を守ってくれるものもあります。ニオイが気になる人はこちらで紹介している洗い流さないトリートメントを使用してみてはいかがでしょうか?
MENU

洗い流さないトリートメントの種類と使用するタイミングが大事です。
ニオイが髪についてしまってからでは洗い流さないトリートメントを使用したとしても守ることができず意味がありません。
なので、ニオイが付く前に使用することが鉄則です。
ということは出かける前に洗い流さないトリートメントを付けると髪をニオイから守ることができて一番いいですよね。
洗い流さないトリートメントの種類は、クリームタイプ、オイルタイプ、ミルクタイプ、スプレータイプと種類があって、どれをどんなときに使えばよいか迷ってしまいます。洗い流さないトリートメントは、髪を乾かす前後にまず使うと思いますが、オイルタイプのものはドライヤーの熱に弱いのであまりおすすめできないようです。とりあえずドライヤーするまでに毛先を乾燥させないように、クリームタイプやミルクタイプのものを使用しています。そしてドライヤーで乾き切ったら、仕上げにオイルタイプの洗い流さないトリートメントを全体的に馴染ませています。こうすると髪がしっとりとして、あまり癖がつかないでツヤツヤの髪になります。
嫌なニオイが髪について困るという人は洗い流さないトリートメントを使用して髪をニオイから守ることができちゃいますよ。
朝は、髪に寝癖があったとき、髪を濡らすのにも洗い流さないトリートメントを使います。スプレータイプのもので髪を湿らせて、ドライヤーで乾かすようにしています。お出かけ先でも匂いやパサつきが気になるときは、香りの良いオイルタイプのものでパサつきを抑えています。洗い流さないトリートメントはどのタイミングでも使えて便利なので、愛用しています。香りのよいものや、さらっとまとめる用、癖毛用、パサつき用などたくさんの種類を持っていて、楽しんで使っています。

このページの先頭へ